教員紹介|赤畑 淳

人間福祉学部 人間福祉学科

教授

赤畑 淳

Atsushi Akahata

プロフィール

ルーテル学院大学大学院 総合人間学研究科 社会福祉学専攻 博士後期課程 修了。博士(社会福祉学)。精神保健福祉士、社会福祉士。精神科医療機関でソーシャルワーカーとして勤務したのち、立教大学、帝京平成大学などで教鞭を執り、現在に至る。『聴覚障害と精神障害をあわせもつ人への支援とコミュニケーション』(単著、ミネルヴァ書房)など、執筆多数の他、「精神保健福祉士業務指針」の改訂や、「精神保健福祉士国家試験」受験対策などに長年携わる。

研究分野

精神保健福祉学、社会福祉学、ソーシャルワーク

担当科目

  • 精神保健福祉の原理B(2年次開講)
  • 精神障害リハビリテーション論A(2年次開講)
  • 精神障害リハビリテーション論B(2年次開講)
  • ソーシャルワーク演習(2年次開講)
  • ソーシャルワーク演習(社会専門)A(2年次開講)
  • ソーシャルワーク演習(精神専門)A(2年次開講)
  • 現代の精神保健の課題と支援A(3年次開講)
  • ソーシャルワーク演習(社会専門)B(3年次開講)
  • ソーシャルワーク実習指導(社会専門)A(3年次開講)
  • ソーシャルワーク実習指導(社会専門)B(3年次開講)
  • ソーシャルワーク実習(社会専門)(3年次開講)
  • ソーシャルワーク演習(精神専門)B(3年次開講)
  • ソーシャルワーク実習指導(精神専門)A(3年次開講)
  • ソーシャルワーク実習指導(精神専門)B(3年次開講)
  • ソーシャルワーク実習(精神専門)A(3年次開講)
  • 精神保健福祉制度論(4年次開講)
  • ソーシャルワーク演習(精神専門)C(4年次開講)
  • ソーシャルワーク実習指導(精神専門)C(4年次開講)
  • ソーシャルワーク実習(精神専門)B(4年次開講)

所属学会

  • 公益社団法人日本精神保健福祉士協会
  • 日本社会福祉学会
  • 日本精神保健福祉学会
  • 日本家族療法学会

代表的な論文・著書名

  • 赤畑淳(2021)「精神保健福祉士の業務内容とその特性」『精神保健福祉の原理』中央法規出版,297-313.
  • 赤畑淳(2020)「精神保健福祉士の役割」『多職種でひらく次世代のこころのケア』新興医学出版社,68-74.
  • 赤畑淳(2018)「精神科臨床における精神保健福祉士の業務と役割」『精神神経学雑誌』120 (7) , 609-615.
  • 赤畑淳(2014)『聴覚障害と精神障害をあわせもつ人の支援とコミュニケーション―困難性から理解へ帰結する概念モデルの構築』ミネルヴァ書房.
  • 赤畑淳(2013)「メンタルヘルスとソーシャルワーク―精神科病院からみえる社会」坂田周一監修『新・コミュニティ福祉学入門』有斐閣, 144-152.

関連サイト等

 

(2022年4月現在)