教員紹介|榎本 則幸

人間福祉学部 人間福祉学科

助教

榎本 則幸

Noriyuki Enomoto

プロフィール

九州保健福祉大学大学院 社会福祉学 修士課程修了。修士(社会福祉学)。社会福祉士。唐池学園 知的障害者施設に指導員として勤務した後、施設長 兼 法人本部事務局長に就任。その後、茅ヶ崎リハビリテーション専門学校、下田看護専門学校などで教鞭を執る。

研究分野

社会福祉学

担当科目

  • 相談援助演習Ⅰ(1年次開講)
  • 相談援助演習Ⅱ(2年次開講)
  • 相談援助演習Ⅲ(3~4年次開講)
  • 相談援助実習指導Ⅰ(3年次開講)
  • 相談援助実習指導Ⅱ(3~4年次開講)
  • 相談援助実習(3~4年次開講)
  • 精神保健福祉援助演習Ⅰ(1年次開講)
  • 精神保健福祉援助演習Ⅱ(3年次開講)
  • 精神保健福祉援助演習Ⅲ(3~4年次開講)
  • 精神保健福祉援助実習指導Ⅰ・Ⅱ(3年次開講)
  • 精神保健福祉援助実習指導Ⅲ(4年次開講)
  • 精神保健福祉援助実習Ⅰ(3年次開講)
  • 精神保健福祉援助実習Ⅱ(4年次開講)

所属学会

  • 日本社会福祉学会
  • 日本社会福祉教育学会
  • 自閉症スペクトラム学会
  • 日本成年後見法学会
  • 日本医療社会学会

取得資格

  • 社会福祉士

代表的な論文・著書名

  • 榎本則幸(2005)『グループホームでの生活困難と居住環境との関連について』九州保健福祉大学大学院修士論文
  • 榎本則幸・長渕晃二・二木淳・岩永量子(2007)『演習で学ぶ社会福祉の基礎と保健医療とのネットワーク』久美出版
  • 榎本則幸・長渕晃二・二木淳・秋山朋寛・岩永量子(2009)『相談援助演習・実習ワークブック~社会福祉士の新たな役割に向けて』久美出版

 

(2019年4月現在)