教員紹介|前川 徹

情報マネジメント学部 情報マネジメント学科

情報マネジメント学部 学部長 / 教授

前川 徹

Toru Maegawa

プロフィール

名古屋工業大学 情報工学科卒業。工学士。通商産業省(現 経済産業省)機械情報産業局 情報政策企画室長、JETRO NYセンター 産業用電子機器部長、IPAセキュリティセンター 所長、早稲田大学大学院 国際情報通信研究科 客員教授、富士通総研 経済研究所 主任研究員、国際大学GLOCOM 所長などを歴任。著書に『ビッグトレンド ITはどこに向かうのか』(共著、アスペクト)、『国民ID』(共著、NTT出版)など。

研究分野

IT系企業の経営戦略、インターネットの商用利用、電子政府

担当科目

  • 問題発見・解決の方法(1年次開講)
  • 情報マネジメント総論A[オムニバス](1年次開講)
  • IT産業論(2年次開講)
  • ベンチャー論(2年次開講)
  • マーケティング概論Ⅰ・Ⅱ(2年次開講)
  • 経営戦略(3年次開講)
  • 情報ビジネス論Ⅰ・Ⅱ(3年次開講)
  • リサーチレポート「企業経営とIT」(4年次開講)

所属学会

  • 情報処理学会
  • 経営情報学会

代表的な論文・著書名

  • 前川徹『ビッグトレンド ITはどこに向かうのか』(共著)2009年6月、全247ページ、アスペクト
  • 前川徹『ソフトウェア最前線』(単著)2004年9月、全232ページ、アスペクト
  • 前川徹『ネットバブルの向こう側』(単著)2001年7月、全287ページ、アスペクト
  • 前川徹「IT系企業のビジネスの変容とプラットフォーム戦略」2018年3月、『戦略研究22』、pp.21-38、戦略研究学会
  • 前川徹「ブロックチェーンへの期待」2017年8月、『智場』121号、pp.53-57、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター

 

(2019年6月現在)