教員紹介|小倉 常明

人間福祉学部 人間福祉学科

准教授

小倉 常明

Tsuneaki Ogura

プロフィール

淑徳大学大学院 社会福祉学研究科 社会福祉学専攻 修士課程修了。修士(社会学)。特別養護老人ホーム生活指導員、医療ソーシャルワーカー、社会福祉協議会職員としてボランティア養成担当などを務めた後、社会福祉全般のほかボランティア関係について講義・研究を続けている。淑徳文化専門学校、和泉短期大学、淑徳大学の教員を経て現在に至る。千葉市社会福祉協議会 評議員など。社会福祉士。

研究分野

社会福祉学

担当科目

  • ボランティア論(1年次開講)
  • 現代社会の課題と探究C[オムニバス](1年次開講)
  • 人間福祉臨床論[オムニバス](1年次開講)
  • 人間福祉学総論[オムニバス](1年次開講)
  • 地域福祉の理論と方法Ⅰ・Ⅱ(2年次開講)
  • 相談援助演習Ⅰ(1年次開講)
  • 相談援助演習Ⅱ(2年次開講)
  • 相談援助演習Ⅲ(3~4年次開講)
  • 相談援助実習指導Ⅰ(3年次開講)
  • 相談援助実習指導Ⅱ(3~4年次開講)
  • 相談援助実習(3~4年次開講)
  • リサーチレポート「地域福祉の推進とボランティア活動」(4年次開講)

所属学会

  • 日本社会福祉学会
  • 日本地域福祉学会
  • 日本福祉教育・ボランティア学習学会
  • 日本社会福祉教育学会
  • 日本司法福祉学会
  • 社会事業史学会
  • 社会政策学会

取得資格

  • 社会福祉士

代表的な論文・著書名

  • 金子光一、小倉常明、後藤広史、相馬大祐 他(2014)『新版社会福祉概論』建帛社、pp143-147
  • 谷川和明、井村圭壮、小倉常明 他(2011)『地域福祉分析論』学文社、pp78-89
  • 小倉常明、松藤和生、桜井正成、小野智明 他(2004)『いちばんはじめのボランティア』樹村房、10-25
  • 小倉常明(2009)「現在の成田市内に存在していた戦災浮浪児収容施設『聖十字学園』に関する一研究」『成田市史研究第33号』pp48-60
  • 小倉常明(2015)「社会事業過渡期における小笠原修斉学園に関する一考察~東京府の島嶼感化事業の失敗の要因について~」『国際経営・文化研究Vol.19 No.1』

関連サイト等

 

(2019年4月現在)